たかしのつぶやき

70代 女性 五十肩 経過

五十肩と診断されてた70代の女性は

 

何度か通院してもらい、

いろいろと手を加えさせて頂きました。

 

前からと横からは腕が耳に着きそうです。

後ろから腕を回すと背中の真ん中ぐらいまでいくようになりました。

 

今では

「20歳も若く言ってもらったね。^^」

と冗談が飛んでいます。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

五十肩とは

前回、五十肩について少しふれました。

 

五十肩には2つの時期があります。

 

①発症して間がなく、ドクドクうずくような痛みや

夜中痛くて眠れなかったり、痛みで目が覚めたり

患側がやけにほかほかと熱を持ってる

 

→こんなときは無理矢理動かさず、腕を安静にさせることが大事です。

 

②発症してしばらく経った

ズキズキではなく、

肩が「これ以上挙げるな!」

と言ってるような突っ張った感じの痛み

→こんなときはストレッチや柔軟体操の要領で少しずつ動かしてあげましょう。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

とうとう肩がおかしいです・・・。

腕が上がらなくて困っている方が来院されました。

 

肩の高さから上には挙げられません。

 

お医者さんからは

 

五十肩だと言われたそうです。

 

70代やのにね。

 

年齢とは関係なく、発症するんです。

 

しかし、日に日に前からも横からも後ろへもあがるようになります。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

あっちこっちから 腰痛

実は足首から腰痛だけではなく、

 

膝からや股関節から腰痛もあります!!

 

さらに言うと、

 

手首が硬くて腰痛や

首が硬くて腰痛

 

もちろん肘や肩、背中から腰痛

 

ってのもあります。

 

内臓からの腰痛もあります。

 

別に腰痛がゴールって言うわけではないのですが、

どこか一箇所具合が悪いと

 

ほっておいたらあっちにもこっちにも悪影響がある

精密機械みたいなもんです。

 

機械なら点検や部品交換など行います。

人間の身体はできるだけ部品交換はしないように生きてます。

 

そしたら、点検は絶対にやるべきですね。

 

人間ドッグや血液検査のように

 

毎日フル稼働してる骨や筋肉も労わりましょうね。

 

 

LINEで送る

足首から腰痛

身体が硬い、関節が硬いといろいろな動作に影響しますよね。

 

足首が硬いと歩く時、上手く地面が蹴れずすねやふくらはぎを痛め

 

太ももの筋肉を多用し、膝が痛くなり

 

痛みをやわらげようと脚をひきずってたら股関節が痛くなります。

 

股関節が痛くても歩くことは休めませんね。

 

股関節を動かしてる筋肉は骨盤や腰から始まります。

 

多くの方が悩みを抱えてる

 

腰痛

 

です。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

身体が硬い ストレッチ

本来、筋肉の伸縮性が乏しい方は

日々のストレッチや軽い運動などすると改善されていきます。

 

すぐに効果がわからない部分もありますが、

やればやった分可動性がつきます。

 

なかなかやなぁ・・・

と思ったら

良い姿勢でできてないか

やり方が良くないのかもしれません。

 

曲げる角度を少し変えるだけで

効果が倍増する方法もあります。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

ケガのあと 動かすと痛い

関節が硬いといってもタイプがあります。

 

①筋肉の伸張性がよくない

②関節自体が硬い

③ケガなどを患い痛みで曲げれない

④曲がらないと思い込んでる

 

③のケガのやつは大本のケガが治れば、

動かせますね。

 

ただし、熱感、腫れ、赤みがかってる時は

冷やして安静にしましょう。

 

専門の先生に聞くと良いですね。

 

熱感、腫れ、赤みが消えてきたら

少しずつ動かしても大丈夫でしょう。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

関節が硬くなったなぁ・・・。

人間は動物です。

動く物です。

 

痛みや硬さで動かさないようになると次はどうなるのでしょう。

 

 

動かすことができなくなります!!

 

年齢や性別でも多少変わりますが、みんな同じです。

 

脳が

「ここはもう動かさないんやな。」

と判断して

 

筋肉の量減らし、関節をさらに硬くします。

 

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

腰痛は腰だけじゃない!

身体を動かした時とかに生じる腰痛。

 

俗にいう「ぎっくり腰」

急性腰痛症といいます。

 

間違いなく

腰を動かした時に

強く捻ったり

筋肉が強く傷ついたり

しています。

 

そんな時はおとなしくしておきましょう。

 

腰に症状が出ていますが、

実は原因は腰ではないかもしれません。

 

いざ患ってしまったら大変です。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

内臓からくる腰や背中の関連痛

もし動こうともせず、じくじく痛み出し

どんどん痛みが増していったら

 

できるだけ早く専門のお医者さんを受診しましょう!!

 

腎臓や尿管に石が身体を傷つけてるかもしれません。

胃や腸がひどく荒れてるかもしれません。

 

痛み止めで一時的に症状を緩和させるのはよいと思いますが、

ずっと痛み止めなどで紛らわして我慢し続けるのはよくありません・・・。

 

根本の処置をしていかないと

痛い→薬→痛い→薬→痛い→薬が効かない?→もっと強力な薬→痛い→・・・

 

痛みと薬の連鎖が続きますね。

 

ひどい場合では痛みが強力すぎて身動きが取れなくなることだってあります。

 

(たかが腰痛、胃痛・・・、しばらくしたら治まる!!)

と思って軽く考えてたらえらいことになるかもしれませんね。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

▲TOPへ