たかしのつぶやき

「肝」と血の関係

「肝」は血を貯めたり、体をめぐる血の量を調節しています。

 

「肝」が変調に血が不足すると、

動きにくくなり、次第に機能しなくなる器官や組織がでてきます。

 

また貯めていれなくなると、

血が溢れて出血しやすくなります。

軽くぶつけただけだとか、ぶつけた記憶がないのに皮膚に赤い斑点がでてくるのはそのためです。

 

女性では月経が長引いたり、血の量が増えたりします。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

肝は大きいのにデリケート

「肝」の気を動かす機能はストレスに非常に弱いです。

 

緊張した時、胃が痛くなったことはないですか?

緊張した時、お腹を壊したことはないですか?

 

これらは気の不調が胃腸や脾に伝わったためです。

 

緊張状態が長く続くと、

気の動きが改善されず、胃・十二指腸潰瘍をひきおこすことだったあります。

 

 

また肝臓は分解・解毒を行っています。

アルコール、過剰に摂取した栄養分、化学薬品

を無毒化しているわけです。

 

お医者さんに伝えられた分量のお薬を摂取することは良いのですが、

 

朝食後に服用し忘れたから昼食後に朝の分と昼の分を一緒に服用するとか

サプリメントを取りすぎるとか

毎日お酒を飲む

 

そうしたら、「肝」は

急に仕事量が増え、休みが無くなり

疲弊してるのに緊張状態が続くことになります。

 

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

 

LINEで送る

「肝」が気のコントロール

今日は〔肝〕について少し述べたいと思います。

 

一般的に知られている肝臓とは少し違います。

肝臓はアルコールや老廃物を分解したり、摂取した栄養分を形を変えて蓄えたりしてます。

 

東洋医学の考えとして、

「気」の動きを調節します。

〔肝〕の調子が悪くなると、気がうまく流れなくなります。

すると、血や体内の水分もうまく流れなくなります。

 

血の流れが停滞すると、次第にドロドロな状態になります。

ドロドロな血のことを「オ血」といいます。

 

女性では生理不順や月経痛がでやすくなります。

 

水の流れが停滞すると、湿や痰といったものに変わり

呼吸器系の症状がでやすくなります。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

歩けるけど、折れてた!!

皆さんは骨を折ったことはありますか?

 

僕は肋骨(あばら骨)に何度かヒビが入ったことがあります。

ヒビも骨折です。

肋骨を折ると深呼吸や咳、くしゃみをするとすごく痛いです。

ですが、歩けますね。

手や腕の骨を折っても歩けますね。

 

脚や骨盤の骨はどうか。

歩けないことが多いのです。

ですが、歩ける場合もあります。

 

折れた場所によっては内出血や腫れが目立たないこともあります。

 

高所から落ちたり、歩行中や自転車乗車中に転倒したり、硬いものにぶつけたりした際には

 

たいしたことないと思っても専門家にご相談しましょう!!

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

 

unnamed

LINEで送る

脾と血の関係

脾臓は血にも深く関わっています。

 

西洋医学で脾臓は古くなった血の成分を分解してリサイクルする部分と廃棄する部分にわけています。

 

東洋医学では血が漏れ出て行かないようにしています。

〔脾〕の機能が低下してると、血がもれてしまいます。

すると、血便や血尿、不正性器出血などがおこります。

 

血便は消化器、血尿は泌尿器、不正性器出血は生殖器から症状が出て障害を受けてはいますが、

 

大本の原因がもし〔脾〕だった場合、

根本である〔脾〕の調子を整えないと各部位の症状が再発し、

定期的に悩まされることになるかもしれません・・・。

 

体の内側から体調を整えるのに鍼灸はとても便利です。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

 

img_20150713_0003

LINEで送る

咳風邪は寒いからだけじゃない

以前、〔脾〕には消化、吸収された栄養分を全身へ運ぶと述べました。

 

体を潤す水分の循環にも影響してきます。

 

水分が体内で動くことができず、同じ場所で停まってしまうと

どんどんネバネバになります。

 

のどにエヘンムシが絡んで咳払いをしたり、

カァーっと大きな音を出してる男性を見かけたり・・・

 

このネバネバは

「痰」

です。

 

気道にからまって咳や喘息などの呼吸器の異常をも起こします。

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

 

LINEで送る

健康、美容は中身から

脾臓という臓器をご存知でしょうか?

 

世間でもあまりなじみのない臓器なのですが、

東洋医学では重要な臓器です。

(人間の体で不要な部分なんでないんですが。)

 

生まれたての赤ちゃんは両親から授かったエネルギーを持っています。

先天の精といいます。

 

成長する過程で先天の精は消費され、徐々に減少します。

 

体は大きくなるのにエネルギーが減ってしまっては非常に困ります。

 

ほなら、どうやってエネルギー〔精〕を補給するのか・・・

「食事」

ですね!!

 

食事で得たエネルギー=後天の精

といいます。

 

急にコロッと話が変わりましたが、

東洋医学では脾は

食事で摂取した水分や栄養分を全身に送る機能を持っています。

 

脾の調子が悪いと

 

食欲不振

腹痛や下痢

お腹が張る

 

そうなると、

食事が進まなくなり、十分な栄養分を摂取できなくなります。



食事から得るはずのエネルギーが足らなくなります。



後天の精によるエネルギーの底上げができなくなります。



からだの各部分がエネルギー不足でさまざまな部位に不調が起こります。

 

体内で天変地異があっちこっちで起きてるようなものです。

 

 

先に述べましたが、あまり知られてない部位です。

お腹の辺の調子が悪い、

ここんとこご飯がおいしくなぁい・・・

 

腹部が不調と感じた時、

〔脾〕

のことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

わからないことや困ったことなど

些細なことでもお気軽に

きな鍼灸整骨院にお尋ねください。

LINEで送る

はり、きゅうで体調管理

毎度です。

きな鍼灸整骨院です。

 

節分ですね。

お父さん方は家では鬼になり、お子様や奥様に豆をあてられるのでしょうか?

 

人の体にも鬼が入ってきたり、生み出されたりしてます。

 

〔邪〕

 

というのです。

 

いくつも〔邪〕になるものがあるんですが、例えば、

冷たい風にさらされ、風が体内に侵入して風邪をひいてしまう。腰を冷やして痛くなる。(風が鬼ですね。)

熱いお風呂に長湯するとのぼせる。(熱が鬼ですね。)

鼻が詰まると呼吸がしにくくなり、体内の余計な熱が外に出されずのぼせる。(熱が鬼ですね。)

 

鍼灸にはこういった〔邪〕に対する治療方法があります。

桃太朗やないですが、自分の体にある鬼〔邪〕を退治しておきましょう。

 

わからないことや困ったことがありましたら

お気軽にきな鍼灸整骨院まで。

 

dsc_0070

LINEで送る

腕が痛いのは腰のせい!?

知らず知らず誤った姿勢で日常生活を過ごしていると、

 

筋肉が偏って発達→強いほうの筋肉が骨を引っ張る→引っ張られた骨が徐々に歪んでいく

→個人に合わされた不良姿勢が完成してしまう→歪んでる場所に違和感を覚える

→不良姿勢のせいで別の場所が痛くなる

 

 

例えば、腰の筋肉が背骨を引っ張って腰を歪めます。

すると、目線が傾くことになるので、背中や首肩の筋肉が頭を地面と平行になるように働きます。

 

余分に働くので、筋肉は太くなり、パンパンに張った状態になります。

 

神経や血管は筋肉と筋肉の隙間を通って手先へ向かうのですが、

張った筋肉の隙間が通れなくなってしまうと手先が痛くなったり、動かしにくくなったり、しびれたり、冷えたりします。

 

手がおかしいと症状は間違いなく出てるのに根本は腰が良くないからってことになります。

 

足先でも似たようなことがありえます。

 

また逆に首肩腰が痛いと言ってるのに腕や脚に原因がある場合もあります。

 

やっぱり体ってつながっているんです。

LINEで送る

猫背、背骨、骨盤のゆがみ

生き物はある程度の環境や状態に慣れていくのです。

 

暑い場所や寒い場所、標高の高い場所で住んでいるとそういった環境が当たり前ですね。

薄味の食事が慣れている人が濃い味の物を食べたら多分ビックリします。

 

ん?何が言いたいかといいますと

 

筋肉や骨格、感覚や自律神経など体のあらゆる部分で「慣れる」状態を作っていくのです。

 

良い状態で慣れてしまえばいうことないのですが、人は弱い生き物です・・・。

 

 

大抵の人は不良姿勢で慣れてしまっています。

 

椅子に浅く腰掛けたり、肘を付いて横になったり・・・

 

今、ご自身が楽にしている姿勢は知らず知らずのうちに不良姿勢に慣れてしまったわけです。

 

猫背

背骨や骨盤が曲がってる

ストレートネック

 

こういったことを聞いたり、見たり、言われたりしたことはないでしょうか?

 

長い年月をかけて不良姿勢を積み立てた結果、

骨の位置がずれたり、筋肉の発達具合のアンバランスを生み出して上記のような状態になっちゃうんです。

LINEで送る

▲TOPへ