たかしのつぶやき

「気」って何なん?

  • 生まれたときに両親から受け取ったもの
  • 食事により飲食物から消化吸収して取り込んだもの
  • 呼吸により大気中から体内に吸入されたもの
生きるためにやってる当たり前のことから人体の「気」は生成されているのです。

 

両親から受け取ったものは先天の精と呼ばれます。出世時が一番多く、成長していくにつれて減少していきます。

食事や呼吸で得たものを後天の精と呼び、先天の精を底上げしているんです。

 

 

 

LINEで送る

病気やケガしやすい人

人体には自分を守る兵隊がいます。

抵抗力や自然治癒力といわれてるものです。

東洋医学では『正気』と呼ばれてます。

対して細菌やウィルス、気温の急な変化によって人体に悪影響を及ぼすもののことを『邪気』と言います。
普段は正気が邪気をやっつけることによって病気にかかることを防いでいます。

正気が足りなくて邪気をやっつけることができない時に病気にかかるんです。

病気にかかりにくい体を作ろうとするなら正気が減りにくい、また補うような、私生活が重要になりますね。

  • 適度に運動
  • 適切な食事
  • 正しい睡眠
  • 体を温める
思いついたらこれらに少し気を配ってみてはどーでしょうか。

LINEで送る

なんか腰がしんどい・・・。なんか首、肩がしんどい・・・。

人体は「陽」と「陰」の2つに大きく分かれていて、春夏秋冬でも1日の中ででも変化し続けているのです。
ようは日の出から日の入りまでが陽の時間、その中でも正午頃は一番陽に満ちています。
陰は陽の逆だと考えてたらいいかと思います。

この2つの片方が多いときも少ないときも体調が悪くなってるのです。
両方ともが良い状態に保つためにシーソーのようにバランスを取ってくれているのですが、急な気温の変化や湿度の上昇など自分の調節が間に合わない季節の変わり目にどこかがしんどくなりやすいのはそのためです。

Yin_yang.svg

LINEで送る

たかしのつぶやき

こんにちは!院長の喜納 隆志です。
ここでは、たかしのつぶやきとして、ちょっとした豆知識や日々のできごとを書いていきます。

僕がどんな人か、考え方などを少しでも見ていただけると嬉しいです。
それを見ていただいて、少しでも来院しやすいようにがんばって更新してきます。

~たかしのつぶやき~
ストレスを感じたら、外を散歩してみるとよいです。
陽の光を浴びて、ホルモンバランスが良くなり、夜は眠くなります。
ぐっすり眠れることで、朝の目覚めが良くなります。

ちょっとした行動をすることで、いろいろ改善されていくんです。(^^

IMG_6924

LINEで送る

8 / 8« 先頭...45678

▲TOPへ